Wed. Oct 20th, 2021
Kindle Fire対応システム・ツール・サービスの一覧、比較、まとめ – クラマガ(クラウドレーダー)

Kindle Fire対応システム

Kindle Fireとは、Amazon.comが提供するKindle対応電子ブックリーダーのタブレット端末のことです。 Androidをベースに独自開発されたFire OSを搭載し、7インチのIPS液晶タッチディスプレイを備えています。
タブレットの中でも価格が安く、音楽や動画、電子書籍等、Amazonのコンテンツサービスへのアクセスが非常に容易な点が魅力です。Webブラウザは独自の「Silk」を搭載しており、Amazonの中継サーバー(プロキシサーバー)が画像などを事前に圧縮・キャッシングし、比較的高速に読み込むことができます。メールについては、Gmailなどを受信可能なメールアプリが付いています。
この記事では、Kindle Fire対応のクラウドサービスに関する資料を掲載しています。気になる資料は是非ダウンロードしてみてください。

タスク管理ツール「Wunderlist(ワンダーリスト)」

Wunderlist(ワンダーリスト)は、生活・仕事に関する全てのToDoを管理し、他の人と共有することができる付箋のようなシンプルなタスク管理アプリです。美しくシンプルなデザイン、パワフルな機能、ワンダーリストは世界中で何百万もの人々の生活をよりシンプルに物事の達成をお手伝いしています。
iPhone、iPad、Mac、Android、Windows、Kindle Fire、ウェブなど、あらゆる端末で利用でき瞬時に同期します。

◎1,900万ダウンロード超

https://cloud-radar.jp/detail365.html


By admin